TO DOCTOR
医師・医療関係者のみなさまへ

在宅医療

平成30年度介護保険研修会 第2回主治医意見書作成に関する説明会

※CCはカリキュラムコード
開催日時
2019年3月23日 (土) 14:00 ~17:00
会場

大阪府医師会館 2階ホール、4階大会議室

対象
大阪府医師会員、看護師、ケアマネジャー、医療福祉従事者等
取得単位

診療報酬算定要件、府医生涯研修

CC06(医療制度と法律)、 CC12(地域医療)、 CC13(医療と介護および福祉の連携)、 CC20(不眠)、 CC69(不安)、 CC80(在宅医療)

主な演題・講師名

「在宅医療における向精神薬(睡眠薬)処方の注意点~主治医意見書作成において~(仮題)」  他

大阪精神科診療所協会、吉田診療所/吉田 祥

事前申し込み
参加費
無料
備考
内容:
①介護保険制度・在宅医療を巡る情勢と日本医師会の政策の方向性
 江澤和彦氏(日医常任理事/日本介護医療院協会副会長)
②主治医意見書記入の留意点
 守上賢策氏(府医介護・高齢者福祉委員会委員/守上クリニック院長)
③在宅医療における向精神薬(睡眠薬)処方の注意点――主治医意見書作成において(仮題)
 吉田祥氏(大阪精神科診療所協会理事/吉田診療所院長)を実施。

【受講証明書の発行について】
本研修会は、下記①の届出に関する研修、②に関する研修に該当します。最後まで受講された方には、後日、受講証明書を送付いたします。
①地域包括診療加算に関する施設基準の届出にかかる「都道府県等が実施する主治医意見書に関する研修会」
②不安若しくは不眠の症状を有する患者に対して1年以上継続してベンゾジアゼピン受容体作動薬の投薬を行った場合の処方料・処方箋料の算定に必要な「不安又は不眠に係る適切な研修」 *2単位以上が必要。本研修会では1単位。

定員:450人
申し込み:受講申込書に必要事項を記入の上、FAX。
申込締切日:3日8日
問い合わせ先

大阪府医師会地域医療2課

TEL:06-6763-7002

担当者:吉田