TO DOCTOR
医師・医療関係者のみなさまへ

日医かかりつけ医機能研修制度

制度

日医かかりつけ医研修制度は、今後のさらなる少子高齢社会を見据え、地域住民から信頼される「かかりつけ医機能」のあるべき姿を評価し、その能力を維持・向上するための新たな研修制度です。平成28年4月に始まりました。

要綱

本研修制度の研修内容は、「基本研修」・「応用研修」・「実地研修」の3つの研修から構成されています。基本研修の要件は、日医生涯教育認定証を取得すること、応用研修の要件は、規定の研修を受講し10単位以上を取得すること、実地研修の要件は、規定の地域における活動を2つ以上実施することになっています。
すべての要件を満たした先生は、受付期間内に必要書類を作成して所属郡市区等医師会にご提出ください(受付期間については、所属の郡市区等医師会にお問い合わせください)。

平成30年度の大阪府医師会の受付期間

平成31年1月7日(月)~平成31年2月28日(木)

研修会のお知らせ

研修会のお知らせは下記リンク先よりご確認ください。

Q&A

日医かかりつけ医機能研修制度に係るQ&A(Ver.4)平成30年4月27日をご参照ください。

その他、日医ニュース「平成28年(2016年)5月5日号/1312号」に、本制度がQ&A形式で紹介されています。

申請に必要な書類

以下の4点が必要になります。

①日本医師会生涯教育認定証のコピー

基本研修の要件である日医生涯教育認定証は3年ごとに、必要な単位・CC(カリキュラムコード)を取得された方に交付されます。
単位取得状況の確認は学術課(06-6763-7006)へお問い合わせください。

30年度の申請には次のいずれかの認定証のコピーが必要です。
(学習単位取得証ではありません)

  • H28発行 認定証(認定期間H28.12.1~H31.11.30)
  • H29発行 認定証(認定期間H29.12.1~H32.11.30)
  • H30発行 認定証(認定期間H30.12.1~H33.11.30)

②日医かかりつけ医機能研修制度 修了申請書

③日医かかりつけ医機能研修制度 応用研修 受講報告書

応用研修に該当する研修では、修了証書等が交付されていますので、コピーを添付してください。※

④日医かかりつけ医機能研修制度 実地研修 実施報告書

可能な限り、活動したことが確認できる書類等の写しの提出をお願いいたします。※

※ 応用研修・実地研修の対象となる期間は、申請時の前3年とされています。平成30年度における対象期間は、平成28年1月1日~平成30年12月31日です。

医師資格証について

申請に必要な書類「③日医かかりつけ医機能研修制度 応用研修 受講報告書」記載欄の医師資格証とは、日本医師会電子認証センターが発行する、ネットワーク上で医師資格を証明するための電子証明書です。
電子証明書はICカードのICチップの中に格納され、電子的な医師の印鑑の機能やログイン時の医師資格確認のために利用することができます。一部の研修会で、医師資格証をお持ちの先生を対象に、医師資格証による出席管理が始まろうとしています。

問い合わせ先

大阪府医師会 地域医療2課

TEL:06-6763-7002