ABOUT US
大阪府医師会について

会長あいさつ

 大阪府医師会の茂松茂人です。

 新年あけましておめでとうございます。
 寅は十二支の3番目で、春が来て根や茎が生じて成長する時期、草木が伸び始める状態だとされています。新型コロナウイルスで制限されてきた生活、停滞からの新たな成長を期待します。

 さて、昨年は、変異し続ける新型コロナとの闘いに明け暮れた1年でした。数度の感染の波を経験し、長期に渡り自粛した生活を余儀なくされました。この感染症を克服するべく多大の犠牲を払って医療現場を支えていただいた全ての医療関係者の皆さん方に心から感謝を申し上げます。今後、ワクチンの追加接種が迅速に進み、経口の抗ウイルス薬が行き渡ることによって、ウィズコロナ時代を迎え、国民が普段の生活を取り戻せることを切に祈るばかりです。

 2年前から流行が続く新型コロナは、昨年10月中旬以降、我が国では全国的に低い水準で推移していますが、新たなオミクロン株の出現により世界的に混乱が続いています。これまでに得られたデータでは、感染力は強いものの従来の変異株よりも重症化しにくいとされていますが、今後の感染拡大に備え、病床ならびに人材の確保、また平時から有事へのスムーズな転換が可能な医療体制を進めてまいります。

 なお、岸田政権では、成長も分配も実現する新しい資本主義を具体化するとして、看護や介護、保育、幼児教育の現場で働く人の収入を引き上げるとされています。それをきっかけとして、民間企業の賃金引き上げ、ならびに社会保障への投資の動きとなり、ひいては健康寿命の延伸につながることを期待します。

 今年は、医療界にとって新型コロナへの対応ばかりでなく、診療報酬改定、社会保障制度改革、医師の働き方改革および偏在対策、地域医療構想への対応など様々な課題が山積しています。大阪府医師会は引き続き、国民医療の充実のために汗をかくことを念頭に、与えられた使命を果たしていく所存であります。令和4年も引き続きご支援のほどお願い申し上げますとともに、皆様が今年1年ご健勝でご活躍されることを心より祈念申し上げます。