TO DOCTOR
医師・医療関係者のみなさまへ

専門医の共通講習

平成30年度「家族計画・母体保護法指導者講習会」伝達講習会

※CCはカリキュラムコード
開催日時
2019年1月31日 (木) 14:30 ~17:00
会場

大阪府医師会館 2階ホール

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町2-1-22 MAP

主催者
大阪府医師会 大阪産婦人科医会
取得単位

学校医1単位、母体保護法指定医師研修会参加証、日産婦学会10単位、日本専門医機構(参加単位1単位、共通講習―医療安全1単位)、日産婦医会研修参加証、府医生涯研修

CC06(医療制度と法律)、 CC07(医療の質と安全)、 CC11(予防と保健)、 CC70(気分の障害(うつ))、 CC71(流・早産および満期産)

主な演題・講師名

「医療安全の移り変わりとこれから~産婦人科医療を中心に~」  他

大阪大学医学部附属病院 産科・婦人科/中川 慧

事前申し込み
不要
参加費
無料
備考
伝達講習:
テーマ「女性に寄り添う産婦人科医療のあり方について」
①妊娠前からの女性の健康課題に寄り添う―Periconceptional Care/Counselingにも目を向けよう―
②妊娠前からの健康管理について(こころの健康を中心に)
③妊娠前からの健康管理について(身体疾患を中心に)
④ゲノム医療時代の妊娠にむかえる世代への妊娠前の遺伝カウンセリング
(講師)
 齋田幸次氏(母体保護法審査委員会委員・大阪産婦人科医会評議員)
 巽啓司氏(母体保護法審査委員会委員・大阪産婦人科医会理事)

講演:
「医療安全について」
 中川 慧氏(大阪大学医学部附属病院産科・婦人科助教/前厚生労働省医政局総務課医療安全推進室室長補佐)
「母体保護法について」
 笠原幹司氏(大阪府医師会理事)
問い合わせ先

大阪府医師会企画課

TEL:06-6763-7021

担当者:真銅