慢性疾患の診察・健康診断・がん検診・予防接種などはとても大切です

必要な診察や健康診断などは受けましょう。マスクの着用と院内での感染防止対策を守り、いつも通り受診してください。

●職員は、検温等の健康管理やマスクの着用、手指衛生を実施しています。
●受付において感染予防策(遮へい物の設置など)を講じています。
●共用部分・共用物等の消毒、換気などを適時・適切に実施しています。
●これまでとは手順が異なったり、体に触れる診察を控えたりすることがあります。

詳しくはこちらをご覧ください。(PDF:6.07MB)


医療機関を受診する際のお願い

発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控えてください。また、毎日体温を測定して記録をお願いします。
●複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、安易に複数の医療機関を受診することはお控えください
●医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットの徹底をお願いします。
●基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは電話でご相談ください
<妊婦の方へ>
息苦しさ、強いだるさ、高熱などのいずれかがある場合や、発熱や咳など比較的軽い風邪症状が続く場合は、早めに新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)にご相談ください。
<お子様がいるご家庭の方へ>
小児については、小児科医による診察が望ましく、新型コロナ受診相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

 

運動不足解消に向けた動画です

「市大ストレッチ」をはじめ、YouTubeで視聴可能なエクササイズ動画をご紹介します。感染リスクの低い屋外でのウォーキングなどで外出の機会を確保するとともに、家で過ごす時間にはぜひ動画を健康増進にお役立て下さい。
 

●大阪市立大学オリジナル「市大ストレッチ」
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2017/170406
 授業で長時間座って過ごす学生のために考案された、椅子に座ったままできるオリジナルの「市大ストレッチ」。学生のリフレッシュだけでなく、在宅勤務を行う社員向けに企業でも取り入れられています。


●OSAKA HERO PROJECT ちょこっとエクササイズ365
https://osaka-hero-project.com/movie/
 運動習慣のない市民に、日常の動作も立派な運動になることへの気付きや行動変容を促すためにスタートした大阪市の「OSAKA HERO PROJECT」。“日常生活のいつもの動作”を“スポーツ化”する動きが、大阪市立大学の協力により開発されました。


●大阪市×吉本興業 吉本新喜劇 いきいき百歳体操
http://www.sports.osaka-cu.ac.jp/news/195
 「いきいき百歳体操」は、高齢者の転倒予防、筋力向上をめざし、大阪市と吉本興業とのコラボレーション、大阪市立大学の監修により製作されました。

 

 

感染拡大を繰り返さないために

 現在、大阪府において感染者数が増加しています。
 感染予防を徹底し、「うつさない」「うつらない」
 を心がけましょう

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が発出され、大阪府においても「緊急事態措置」がとられました。
5月16日以降は、自粛要請・解除などの対策を段階的に実施する 【大阪モデル】 をふまえ、自粛要請等が一部解除となり、5月21日には緊急事態宣言が解除されました。
しかし、ウイルス感染が終息したわけではありません。これからは、コロナウイルスと共生していく「ウィズコロナ」の時代になります。
引き続き、適切な行動をお願いいたします。
 
 ○接待を伴う飲食店など、夜間の繁華街への外出を自粛する
 ○「三つの密」を徹底的に避けるとともに 、感染 拡大を予防する「新しい生活様式」を徹底する


この感染症に対するワクチンや十分な治療薬がない中、新型コロナウイルス対応は長期化することが予想されます。
今後は、「ウイルスとの共存」を前提とした生活様式に移行していくことが必要です。

 

令和2年度の熱中症予防行動
~新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」における熱中症対策~

気温が高くなるこれからは「熱中症」への対策が必要です。特に今年は、熱中症で救急搬送や医療機関を受診する方が増加すると、新型コロナウイルス感染症の対応を行っている医療機関に負荷がかかってしまうことが考えられます。今夏は、これまでとは異なる生活環境下でもあり、例年以上に熱中症に気をつけてください。十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防を心がけましょう。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント
夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。
高齢者、子ども、障害者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。

①屋外で人と十分な距離(少なくとも2メートル以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。
※屋内運動施設での運動は、新型コロナウイルス感染症のクラスターのリスクが高いので、この限りではありません。
②マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要です。
③新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。
④日頃の体温測定、健康チェックは、熱中症予防にも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養しましょう。
⑤従来からの熱中症予防行動(暑さを避ける、こまめな水分補給、暑さに備えた体作り)を徹底しましょう。


 

新型コロナウイルス感染症に取り組んでいる医療機関へのご寄付について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組んでいる医療機関に対して、たくさんの方々からご寄付のお申し出をいただき、誠にありがとうございます。医療関係者一同、温かいお心遣いと多くのご支援に励まされました。
気持ちを新たにして、今後も大阪府民の生命と健康を守るため、全力を尽くしてまいります。

ご寄付をいただいた方のご芳名・寄贈品はこちら(PDF:77KB)
 

雨がっぱご寄付のお申し出について(お礼)

去る令和2年4月14日、新型コロナウイルス感染拡大により、医療現場において防護服が不足しているため、松井大阪市長から「雨がっぱを寄付してほしい。ぜひ大阪府、大阪市に連絡いただきたい」との呼びかけがありました。
大阪府医師会にも、大阪府民・大阪市民の方から、ご寄付のお申し出を多数いただき、ありがとうございました。大阪府医師会では、全体の状況を踏まえ統括している大阪府・大阪市に取り扱っていただくことが適切であると考え、大阪府・大阪市の窓口を案内させていただきました。
4月17日には、約30万着に及ぶ雨がっぱ提供の申し出があったと大阪市から発表されました。大阪府民、大阪市民に加えて民間企業からもご寄付があったとの報道に接し、多くの医療関係者が励まされるとともに、この難局に立ち向かう勇気が、今まで以上に湧いて参りました。
私どもにも雨がっぱ以外のご寄付のお申し出をいただくなど、大阪府医師会、医療機関へのご配慮をいただきましたことに、心より感謝申し上げます。

大阪府医師会長 茂松 茂人
 

歌って楽しい1分体操  

YouTubeで開きます。
大阪府医師会が主催する「シルバー健康大学」で体操指導ご担当いただいている吉中康子先生の動画チャンネルです。
新型コロナウイルス感染症で運動不足の方が増えています。ぜひご覧ください。
 

学校医からのメッセージ

 
 ●小学生(しょうがくせい)のみなさんへ
 ●中学生・高校生のみなさんへ

YouTubeで開きます。
パワーポイント資料とともに新型コロナウイルスに関する解説が流れます。

 

新型コロナウイルスに関するQ&A

Q)新型コロナウイルス感染症にはどのように感染しますか?
 現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。
(1)飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。
※感染を注意すべき場面:屋内などで、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすとき
(2)接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付きます。未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染します。
※感染場所の例:電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど


Q) 感染を予防するために注意することは?
・石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行い、できる限り混雑した場所を避けてください。また、十分な睡眠をとって下さい。
・人込みの多い場所は避けて下さい。屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすときはご注意下さい。
*風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。
風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用して下さい。


Q)相談・受診の目安は?
☆ 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
☆ 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
※高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患等)など)がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方
☆ 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)


Q)新型コロナウイルス感染症を疑う場合の対応は?
まずは「新型コロナ受診相談センター」に相談してください。


大阪府HP http://www.pref.osaka.lg.jp/iryo/osakakansensho/corona-denwa.html

 

参考

〇日本医師会(通知文関係)
https://www.med.or.jp/people/info/people_info/009162.html
〇首相官邸ホームページ
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
〇厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
〇大阪府
https://covid19-osaka.info/
○その他
大阪府医師会 新型インフルエンザ等対策業務計画(平成26年10月)PDF:286KB