第40回臨床検査精度管理調査結果報告書

第40回臨床検査精度管理調査結果報告書 page 33/368

電子ブックを開く

このページは 第40回臨床検査精度管理調査結果報告書 の電子ブックに掲載されている33ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
― 33 ― 平成24年度サーベイは通算第40回目となり、参加施設数は268施設で(昨年度より16施設減少)、全国都道府県医師会等が実施する地域サーベイとしては最大規模のものであった。参加施設は大規模から小規模病....

― 33 ― 平成24年度サーベイは通算第40回目となり、参加施設数は268施設で(昨年度より16施設減少)、全国都道府県医師会等が実施する地域サーベイとしては最大規模のものであった。参加施設は大規模から小規模病院、健診センター、登録衛生検査所などであるが、地域基幹病院の一部で不参加が散見された。昨今の病院経営が厳しい中、予算の縮小等で不参加を余儀なくされた施設もあろうかとは思われるが、地域サーベイには是非とも参加いただきたいものである。 以下に今年度サーベイの仕様と集計結果の総括的考察を記載する。1.調査項目と配布試料(濃度等): ? 臨床化学検査19項目中、総ビリルビン、ブドウ糖、尿酸、クレアチニン、総コレステロール、トリグリセライド、AST、ALT、CK、ALP、γ-GT、血清アミラーゼ、コリンエステラーゼ、血清鉄、総カルシウム、無機リンは、3濃度凍結乾燥血清試料。HDLコレステロール、LDLコレステロールは、2濃度液状血清試料。HbA1cは、2濃度凍結乾燥血液試料。 ? 尿一般検査定性・半定量3項目(尿蛋白、尿ブドウ糖、尿潜血)は、2濃度凍結乾燥尿。 ? 血液学検査のうち、赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトクリット、白血球数、血小板数、赤血球指数(MCV、MCH、MCHC)は、新鮮血試料6項目2試料(参考調査として、網赤血球比率、自動白血球分類を実施)。凝固検査のPT、APTT、フィブリノゲンは、凍結乾燥血漿試料3項目2濃度(参考調査としてFDP、D-ダイマーを実施)。血液像検査は、今年度もフォトサーベイとして、別刷りの血液像を配布。 ? 血清・免疫化学検査のうち、輸血検査のABO血液型、Rho(D)血液型、交差適合試験は、新鮮血試料3項目4試料。感染症・炎症マーカーのHBs抗原、HCV抗体、CRP検査は、3項目2濃度液状血清試料。 上記検査試料は、特製箱に詰め、平成25年1月8日にクール宅配便を用いて参加施設に配布した(各参加施設への到着は翌9日以降)。 また、臨床化学・尿一般検査・凝固検査・感染症検査用試料は、Sysmex社から、HDLおよびLDLコレステロールについては、積水メディカル社より調達。 さらに、新鮮血試料はボランティア委員からの提供、輸血検査用試料は日本赤十字社近畿ブロック血液センターからの無償提供を受けたものであり、そのご好意に対し厚く御礼を申し述べたい。 その他、配布試料に対する参加施設からのクレームは、今年度も輸血検査用試料(血液)の溶血等に対するものであったが、無償提供を受けている日本赤十字社近畿ブロックの保存血液が少量である現状では如何ともし難い状況にある。第 四 章平成24年度(第40回)調査の分析 『総括的考察』