第40回臨床検査精度管理調査結果報告書

第40回臨床検査精度管理調査結果報告書 page 18/368

電子ブックを開く

このページは 第40回臨床検査精度管理調査結果報告書 の電子ブックに掲載されている18ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
― 18 ― 2. CRP 各メーカーの平均値が調整平均値Madjと1SDE以上の差(複数試料がある場合は、複数試料で)がある場合には独立して評価した。また、ドライケミストリー法は独立して評価した。各項目の評価・評....

― 18 ― 2. CRP 各メーカーの平均値が調整平均値Madjと1SDE以上の差(複数試料がある場合は、複数試料で)がある場合には独立して評価した。また、ドライケミストリー法は独立して評価した。各項目の評価・評点は次表の通りである。 従って免疫化学検査3項目の合計点は30点満点となり、血清・免疫化学検査6項目の合計点は60点満点となる。また、各施設におけるそれぞれの項目の規準値は、臨床化学検査と同様に求めた。5. 参加項目修正点および総合評点以上全項目について合計点は460点満点となる。実施した項目について参加項目修正点および総合評点を求めた。 参加項目修正点= 参加項目の取得点数 ――――――――――参加項目の満点数×100 総合評点   = 参加項目の取得点数 ――――――――――全項目の満点数×1006. その他 回答票の入力については入力上の誤りがまだ多くみられます。 間違った調査結果の提出は集計結果の妥当な解析を狂わせてしまうことが十分に考えられます。結果のみを入力するのではなく、測定法、試薬名等を十分に検討の上、回答票に入力して下さい。 成績表の合計欄に「その他」の数を設けてありますが、これは測定法、試薬等で「その他」と回答した数の合計です。この数があまりに多い施設は測定法の選択肢についても再検討の必要があるものと思われます。評 価 規 準評価評点±1SDE以内に入っているもの±1SDEを超え±2SDE以内に入っているもの±2SDEを超え±3SDE以内に入っているもの±3SDEを超えているもの不参加ABCD△54200