第40回臨床検査精度管理調査結果報告書

第40回臨床検査精度管理調査結果報告書 page 335/368

電子ブックを開く

このページは 第40回臨床検査精度管理調査結果報告書 の電子ブックに掲載されている335ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
―335―下限値 貴施設で設定している基準範囲があれば記入してください。 上限値 貴施設で設定している基準範囲があれば記入してください。 試薬キット製造販売元コード▼ 選択してください 製造販売元名 「99 その....

―335―下限値 貴施設で設定している基準範囲があれば記入してください。 上限値 貴施設で設定している基準範囲があれば記入してください。 試薬キット製造販売元コード▼ 選択してください 製造販売元名 「99 その他」を選択された場合は、具体的に製造販売元名を記入してください。 検量法コード▼ 選択してください トレーサビリティの確認に利用した標準品コード▼ 選択してください 「7」を選んだ場合の製造販売元コード▼ 選択してください 製造販売元名 「99 その他」を選択された場合は、具体的に製造販売元名を記入してください。 他施設へ委託している場合の委託先コード▼ 選択してください 委託先施設名 「99 その他」を選択された場合は、具体的に施設名を記入してください。 登録内容を確認する 目次に戻る リセット 13 コリンエステラーゼ項目 内容/備考測定法コード▼ 選択してください2003年にJSCC標準化対応法が提示され、2006年にJC・ERM for ChEが作成・頒布されましたので、標準化対応法を基本とします。 ρ-ヒドロキシベンゾイルコリン以外の基質を利用しても、製造販売元が、相互互換性からJSCC標準化対応法と定義している場合は、「11 標準化対応法」を選択した上で、次項の「基質コード」で利用している基質について、測定法コード表から選んで選択してください。 基質コード▼ 選択してください試料1 測定値(IU/L) 整数値。 国際単位で、分母がxx/Lではなく、xx/mLで表現しているキットがあります。この場合は、数値を千倍して、単位をxx/Lに換算し直してから記入してください。 ΔpH単位は国際単位ではありません。国際単位をΔpH単位に換算している場合は、換算前の値を記入してください。 試料1 コメント記入欄 測定値に関して特にコメントが必要な場合は記入してください。 試料2 測定値(IU/L) 整数値。 国際単位で、分母がxx/Lではなく、xx/mLで表現しているキットがあります。この場合は、数値を千倍して、単位をxx/Lに換算し直してから記入してください。 ΔpH単位は国際単位ではありません。国際単位をΔpH単位に換算している場合は、換算前の値を記入してください。 試料2 コメント記入欄 測定値に関して特にコメントが必要な場合は記入してください。 試料3 測定値(IU/L) 整数値。 国際単位で、分母がxx/Lではなく、xx/mLで表現しているキットがあります。この場合は、数値を千倍して、単位をxx/Lに換算し直してから記入してください。 ΔpH単位は国際単位ではありません。国際単位をΔpH単位に換算している場合は、換算前の値を記入してください。