第40回臨床検査精度管理調査結果報告書

第40回臨床検査精度管理調査結果報告書 page 319/368

電子ブックを開く

このページは 第40回臨床検査精度管理調査結果報告書 の電子ブックに掲載されている319ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
―319―【 検査項目について】 全ての試料は、ヒト由来またはヒト由来成分が含まれていますので、測定に際しては、感染性があるものとして取扱いの上、感染性廃棄物として処理してください 検査区分 検査項目 試料番....

―319―【 検査項目について】 全ての試料は、ヒト由来またはヒト由来成分が含まれていますので、測定に際しては、感染性があるものとして取扱いの上、感染性廃棄物として処理してください 検査区分 検査項目 試料番号 試料内容 試料取扱い上の注意点ほか 1 総ビリルビン 2 ブドウ糖 3 尿酸 4 クレアチニン 5 総コレステロール 6 トリグリセライド 7 AST 8 ALT 9 CK 10 ALP 11 γ-GT 12 血清アミラーゼ 13 コリンエステラーゼ 14 血清鉄 15 総カルシウム 16 無機リン 試料1 試料2 試料3 凍結乾燥品 (2mL) ●凍結乾燥血清です ⇒ 2~8℃保存 ●それぞれの試料に精製水を正確に2mL加え、60分間、室温で静置してください ●使用に際し、泡を立てないように混和して完全に溶解し、均一になっていることを確認してください ※他施設へ測定依頼される場合 それぞれの試料を上記要領で溶解した後、貴施設が依頼時に用いる容器に移してお渡しください 17 HDLコレステロール 18 LDLコレステロール 試料4,試料5凍結乾燥品(1mL) ●凍結乾燥血清です ⇒ 2~8℃保存 ●それぞれの試料に精製水を正確に1mL加え、60分間、常温で静置してください ●使用に際し、泡を立てないように混和して完全に溶解し、均一になっていることを確認してください 臨床 化 学 19 HbA1c 試料6,試料7凍結乾燥品 (0.2mL) ●凍結乾燥血液です ⇒ 2~8℃保存 ●それぞれの試料に精製水を正確に0.2mL加え、栓をして室温で10分間放置し、次にバイアル瓶を静かに転倒混和させてから約10分間ローテーターにかけるか、あるいは手で転倒混和を20~30回繰り返すなどして内容物を完全に溶解してください ⇒ 使用前には軽く転倒混和してください ●溶解液の総ヘモグロビン濃度は約8g/dLです。貴施設(または依頼される施設)で採用している試薬(または装置)の取扱い説明書にしたがって、適正な希釈をしてください ⇒ 希釈後は直ちに測定してください ●使用に際し、泡を立てないように混和して完全に溶解し、均一になっていることを確認してください 20 尿蛋白 21 尿ブドウ糖 尿一般22 尿潜血 試料8 試料9 凍結乾燥品 (5mL) ●凍結乾燥ヒト尿です ⇒ 2~8℃保存 ●それぞれの試料に精製水を正確に5mL加え、30分間、室温で静置してください ●使用に際し、泡を立てないように混和して完全に溶解し、均一になっていることを確認してください ●試料は溶解すると変性しやすくなるため、溶解後1時間以内に測定を完了してください 24 赤血球数 25 ヘモグロビン 26 ヘマトクリット 27 白血球数 28 血小板数 29 赤血球指数 30 参考1網赤血球比率 31 参考2自動白血球分類 試料10 試料11 新鮮血液 (1mL) ●新鮮血液です ⇒ 2~8℃保存 凍結不可 ●溶血に注意し、転倒混和により十分混和してから使用してください ●試料受領後3日以内に測定してください ※著しい溶血等で測定が不可能な場合は、事務局(業務部学術課 TEL 06-6763-7006)までご連絡ください 32 血液像 別刷写真 33 PT 34 APTT 35 フィブリノゲン 試料12 試料13 凍結乾燥品 (1mL) ●凍結乾燥血漿です ⇒ 2~8℃保存 ●それぞれの試料に精製水を正確に1mL加え、30分間、室温で静置してください ●使用に際し、泡を立てないように混和して完全に溶解し、均一になっていることを確認してください 36 参考3FDP 血液学37 参考4D-ダイマー 38 ABO血液型 39 Rho(D)血液型 試料14 試料15 新鮮血液 (3mL,2mL)40 交差適合試験 試料16A 試料16B 新鮮血液 (2mL) ●新鮮血液です ⇒ 2~8℃保存 凍結不可 ⇒ できるだけ速やかに測定してください ●ABO血液型は、試料14、15を使用してください ●交差適合試験は、試料16Aおよび16Bを供血者血液とし、試料14を受血者血液として測定してください ●十分に混和してから使用してください ※著しい溶血等で測定が不可能な場合は、事務局(業務部学術課 TEL 06-6763-7006)までご連絡ください 41 HBs抗原 42 HCV抗体 試料17 試料18 液状品 (0.5mL) ●液状血清です ⇒ 2~8℃保存 凍結不可 ●十分に混和してから使用してください 血清・免疫化学43 CRP 試料19,試料20液状品 (0.5mL) ●液状血清です ⇒ 2~8℃保存 凍結不可 ●十分に混和してから使用してください