第40回臨床検査精度管理調査結果報告書

第40回臨床検査精度管理調査結果報告書 page 109/368

電子ブックを開く

このページは 第40回臨床検査精度管理調査結果報告書 の電子ブックに掲載されている109ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
―109―1)PT測定法の年次推移 参加施設は昨年度より13施設少ない178施設であった。測定機器はほぼ昨年と同様の分布で、原理別にみると光学方式が83.1%、ドライ方式6.7%、物理方式が6.2%、その他が3.9%であ....

―109―1)PT測定法の年次推移 参加施設は昨年度より13施設少ない178施設であった。測定機器はほぼ昨年と同様の分布で、原理別にみると光学方式が83.1%、ドライ方式6.7%、物理方式が6.2%、その他が3.9%であった。(表30-1)。測定試薬は昨年と同様の分布傾向で、ヒト胎盤由来のトロンボレルSが最も多く、66.7%を占めていた(表30-2)。International sensitivity index(ISI)の分布は1.10未満の試薬が72.4%を占め、ISIが1.10以上の試薬は減少傾向がみられた(図30-1)。(30)PT表30ー1 PTにおける測定装置の年次推移表30ー2 PTにおける試薬分布測定機種H24H23H22CA-1500,6000394753CA-500シリーズ(510,530,550)293432CA-7000,8000231916CSシリーズ(CS-2000i,2100i)211818コアプレスタ 200013144ドライヘマトシステム CG01, CG02,COAG1, COAG210119CA-508109STA , STAコンパクト,STA-R,STA-R Evolution7911コアグレックス 8007911STACIA321ACL Futura,Futura-PLUS,Advance,TOP,TOP500 CTS224用手法222トロンボトラック, トロンボトラックソロ214KC-1 , 2 , 4 , 10 , 1A , 4A , 10A , 40 , KC 1 デルタ, KC 4 デルタ213COAGTRON-180,COAGTRON-350210ドライヘマトシステム CG02V,COAG2V200ACL 200 , 300 , 2000 , 3000 , 3000-plus , 6000 , 7000111その他587合   計178189185H24H23H22トロンボレルS116118100トロンボチェックPT213123ドライヘマトPT13109デイドイノビン577STA試薬シリーズPT569ヒーモスアイエルリコンビプラスチン564ニコプラスチン314トロンボチェックPTプラス245シンプラスチンエクセルS210ヒーモスアイエルPT・フィブリノゲン112ネオプラスチンプラス011トロンボプラスチン・Cプラス0018ヒーモスアイエルPT・フィブリノゲンリコンビナント001その他のヒト胎盤001シンプラスチンエクセル001その他120合   計174188185