臨床検査精度管理調査結果報告書

臨床検査精度管理調査結果報告書 page 68/378

電子ブックを開く

このページは 臨床検査精度管理調査結果報告書 の電子ブックに掲載されている68ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
― 66 ―3)ツインプロット 図13-1・13-2に試料1・2・3のツインプロットを示した。JSCC標準化対応法は低値に測定されている群とそれ以外、また若干高値を示す群とに別れ....

― 66 ―3)ツインプロット 図13-1・13-2に試料1・2・3のツインプロットを示した。JSCC標準化対応法は低値に測定されている群とそれ以外、また若干高値を示す群とに別れている。p‐ヒドロキシベンゾイルコリン法はJSCC標準化対応法とほぼ一致した値を示している。4)まとめ?測定法の年次推移・・・JSCC標準化対応法で測定している施設は89.3%と大半を占めている。?測定法別測定結果・・・JSCC標準化対応法のC.V.値は6.3%~7.0%だった。?ツインプロット・・・JSCC標準化対応法は大半は収束していたが、若干違う挙動を示す群がみられた。試料1 試料2 試料3全体(192) 173.8 482.8 328.6栄研(7) 182.3 496.6 341.4関東(27) 180.1 525.1 348.9協和(14) 182.1 494.4 339.6シノテスト(56) 179.7 490.8 336.2セロテック(28) 180.6 485.2 334.9和光(43) 152.2 434.4 292.4ニットーホ゛ー(8) 181.9 496.6 341.5表13ー3.コリンエステラーゼのメーカー間差・補正後(JSCC)