臨床検査精度管理調査結果報告書

臨床検査精度管理調査結果報告書 page 118/378

電子ブックを開く

このページは 臨床検査精度管理調査結果報告書 の電子ブックに掲載されている118ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
―116―(34)Rh(D)血液型1)測定法および試薬 Rh(D)血液型を自施設で実施した施設の検査方法の年度別推移を表34-1に示した。抗Dとの反応が陰性となった場合、D陰性確認試験の必要性もあることから試料....

―116―(34)Rh(D)血液型1)測定法および試薬 Rh(D)血液型を自施設で実施した施設の検査方法の年度別推移を表34-1に示した。抗Dとの反応が陰性となった場合、D陰性確認試験の必要性もあることから試料14と試料15それぞれ別に集計を行った。Tを単独もしくは併用している施設数は試料14で152(68.8%)、試料15で159(71.9%)あり、自動機器の使用が可能であるMPやCB、CGを使用している施設数は試料14で43(19.5%)、試料15で41(18.6%)と増加傾向を示している。SまたはPを単独で実施している施設数は試料14で26(11.8%)、試料15で20(9.0%)であった。また、各施設で用いられている血液型判定用抗体試薬の使用状況(表34-2)は、2008年度以降特に大きな変化は見られない。年度施設数(%)2001年2002年2003年2004年2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年試料14 試料15 試料14 試料15S 6 2.2% 7 2.6% 4 1.5% 3 1.2% 3 1.2% 4 1.6% 4 1.7% 2 0.8% 6 2.6% 4 1.8% 5 2.2% 2 0.9% 2 0.9%P 37 13.9% 38 14.1% 34 12.7% 31 12.0% 30 11.8% 29 11.6% 28 11.7% 16 6.8% 17 7.4% 26 11.6% 17 7.6% 24 10.9% 18 8.1%T 175 65.5% 181 67.3% 180 67.2% 172 66.7% 163 63.9% 154 61.6% 155 64.9% 159 67.4% 155 67.4% 138 61.6% 141 62.9% 139 62.9% 151 68.3%S,P 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 1 0.4% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0%S,T 7 2.6% 3 1.1% 4 1.5% 5 1.9% 4 1.6% 7 2.8% 3 1.3% 5 2.1% 3 1.3% 6 2.7% 5 2.2% 4 1.8% 3 1.4%P,T 25 9.4% 23 8.6% 22 8.2% 15 5.8% 17 6.7% 18 7.2% 13 5.4% 27 11.4% 23 10.0% 12 5.4% 21 9.4% 9 4.1% 5 2.3%MT 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0%MP 2 0.7% 1 0.4% 1 0.4% 1 0.4% 1 0.4% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 4 1.8% 2 0.9% 4 1.8% 3 1.4%CB 10 3.7% 12 4.5% 14 5.2% 16 6.2% 18 7.1% 18 7.2% 18 7.5% 14 5.9% 13 5.7% 17 7.6% 15 6.7% 22 10.0% 21 9.5%CG 3 1.1% 4 1.5% 9 3.4% 14 5.4% 18 7.1% 19 7.6% 17 7.1% 12 5.1% 13 5.7% 17 7.6% 16 7.1% 17 7.7% 17 7.7%その他0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 1 0.4% 0 0.0% 1 0.4% 1 0.4% 0 0.0% 0 0.0% 1 0.4% 0 0.0% 1 0.5%不明2 0.7% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 1 0.4% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 0 0.0% 1 0.4% 0 0.0% 0 0.0%合計267 100.0% 269 100.0% 268 100.0% 258 100.0% 255 100.0% 250 100.0% 239 100.0% 236 100.0% 230 100.0% 224 100.0% 224 100.0% 221 100.0% 221 100.0%表34-1 Rh(D)検査法の年度別推移 〈自施設実施分>S:ガラススライド法  P:ペーパー法  T:試験管法  MT:マクロトレイ法  MP:マイクロプレート法  CB:カラム凝集法(ビーズ)  CG:カラム凝集法(ゲル)ABOオモテRh(D)2001年2002年2003年2004年2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2001年2002年2003年2004年2005年2006年2007年2008年2009年2011年2011年試料14 試料15 試料14 試料15 試料14 試料15 試料14 試料15イムコア・カイノス16 17 38 40 37 43 39 43 43 11 11 31 33 30 34 33 35 36三光純薬15 17 19 17 1 1 2 19 26 23 18 12 11 11 10 5 7 8 5 4オーソ174 172 167 154 156 152 145 143 135 132 132 131 131 187 186 178 170 165 161 159 157 152 145 144 139 141シスメックス12 9 8 6 4 4 3 3 3 2 2 3 3 8 6 6 4 5 3 3 3 5 5 5 6 6Dia Med(バイオ・ラッド) 9 12 15 15 17 17 10 11 15 14 19 18Dia Med(和光) 2 2 3 3 1 1 2 2 3 3 1 1和光純薬66 71 71 70 57 59 58 57 56 51 54 49 49 50 53 55 52 46 45 36 38 40 35 36 37 36ガンマ12 18 10 17 19 17 14 14 10 15 14 15オリンパス3 4 9 11 15 16 15 3 4 9 11 15 16 14その他2 1 4 2 3 1 2 2 2 4 2 3 3 3 1合計284 292 284 275 272 267 259 258 247 246 246 244 244 283 291 283 274 270 265 257 256 245 244 244 242 242表34-2 血液型判定用抗A、抗B、抗Dの使用状況