臨床検査精度管理調査結果報告書

臨床検査精度管理調査結果報告書 page 100/378

電子ブックを開く

このページは 臨床検査精度管理調査結果報告書 の電子ブックに掲載されている100ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
― 98 ―(参考調査2) 自動白血球分類1)赤血球数の3年間の変動係数(CV%)の推移 表1に好中球とリンパ球について全機種の補正後(±3SD 1回切断)の変動係数の推移を示すが、試料10、11の変動係数はそれぞ....

― 98 ―(参考調査2) 自動白血球分類1)赤血球数の3年間の変動係数(CV%)の推移 表1に好中球とリンパ球について全機種の補正後(±3SD 1回切断)の変動係数の推移を示すが、試料10、11の変動係数はそれぞれ好中球で6.8%、6.3%、リンパ球で9.3%、10.5%と昨年と比較するとやや改善された結果となった。2)解析結果と自動白血球分類の統計値 自動白血球分類の参考調査に参加した施設は196施設で血液検査参加施設(273施設)の71.8%を占めており、参考調査項目として定着しつつあるが、表2の自動白血球分類の統計値に示すように、測定原理、試薬の違いによるバラツキが大きい。また、一部のメーカーで極端値を±3SDで1回切断後も除去できなかったため見かけ上大きく計算されているが、出現率の低い細胞もあり配布試料の問題も含め、今後の課題である。項目試料平成21年平成22年平成23年好中球10 4.7 6.9 6.811 6.3 7.5 6.3リンパ球10 8.3 18.8 9.311 7.6 17.0 10.5表参考2-1 自動白血球分類(好中球・リンパ球)の変動係数(CV%)の推移測定法試料10 試料11施設数平均値SD CV(%) 施設数平均値SD CV(%) 好中球(%) 194 65.86 4.50 6.8 195 61.07 3.82 6.3 リンパ球(%) 194 28.80 2.69 9.3 195 30.48 3.19 10.5 単球(%) 195 3.94 1.50 38.1 196 5.82 1.58 27.2 好酸球(%) 194 0.60 0.43 72.8 194 1.68 0.36 21.6 好塩基球(%) 195 0.69 1.72 248.7 193 0.79 1.74 220.2表参考2-2 自動白血球分類の統計値