大阪府医師会の主張と紹介・取り組み
センターロゴ

受診されるみなさんへ(業務内容のご案内)

大阪府医師会 保健医療センター


受診されるみなさんへ(業務内容のご案内)

先端技術が支える高度医療でお応えします

当センターは、「かかりつけ医師」を通してMRI、X線CT検査などの高度医療機器による検査をはじめ、胃や大腸の内視鏡検査、超音波や各種X線検査などを行っています。

検査結果は フイルム(データ)や報告書で「かかりつけ医師」にお返しします。

また、医師会会員、ご家族、従業員の健康診断をはじめ各種の健診も実施し、病気の予防や早期発見に取り組んでいます。

さらに、大学病院等と連携して、循環器科、乳腺外科などの専門外来を設けています。

保健医療センター 画像診断 MRI検査・CT検査・各種X線検査・超音波検査
各種検査 生化学検査・呼吸器検査
専門外来 乳腺外来・循環器外来・公害検査
内視鏡検査 上部消化管内視鏡検査・下部消化管内視鏡検査
健康診断 各種健診(人間ドック・脳ドック・定期健診)
各種がん検診
細胞診・
病理組織診診断
細胞診検査・病理組織診検査
予防接種センター 各種予防接種 予防接種要注意者・海外渡航者・予防接種もれ者
その他個別接種への対応
当センター受診の際は、3階の総合受付においでください。
 

主な検査機器

  • MRI装置:
    フィリップス社製 1.5テスラ achieva NOVA(多チャンネルコイル式)
  • CT装置:
    東芝社製 16列検出器 マルチスライス
  • 内視鏡:
    オリンパス社製(H23年より 経鼻内視鏡も導入)
  • デジタルX線装置:
    島津社製 フラットパネル透視装置、富士FCRシステム、富士PACSシステム
  • 超音波装置:
    東芝社製 カラードップラー超音波装置4台、経膣超音波装置

MRI検査
従来のMRIと比較して短時間で撮影でき、画像も飛躍的に良くなりました。
MRA やMRCPはもとよりディフュージョンや乳腺領域にも対応しています。
 
CT検査
16列検出器を持つCT装置です。胸部・腹部の領域が一度の呼吸停止で撮像可能です。
 
乳房検査
日本医学放射線学会の定める仕様基準を満たしています。
 
X線TV検査
最新鋭フラットパネルディテクター等を搭載したデジタル画像装置及びモニター診断システムです。
 



大阪府医師会保健医療センタートップへ戻る次へ(医療機関の方へ)

大阪府民のみなさまトップページ