保健・医療・福祉情報

大阪府における糖尿病医療連携について


HOME  一般向け  医療機関向け


世界糖尿病デー"おおさか"2015
(大阪城、通天閣、天保山大観覧車)

我が国の糖尿病有病者数は、平成24年国民健康・栄養調査によると、「糖尿病が強く疑われる者(糖尿病有病者)」が約950万人、「糖尿病の可能性を否定できない者(糖尿病予備群)」が約1,100万人で、両者を合わせると約2,050万人と推計されています。

大阪府においても、平成22年における糖尿病の有病者推定数(40歳から74歳)は73万人と2年間で約10万人増加しており、「糖尿病の可能性を否定できない者」を含めると約208万人となっています。

糖尿病は、心血管疾患のリスクを高め、放置すると神経障がい、網膜症、腎障がいなどの合併症を併発します。それらの合併症が悪化すると、失明や透析治療が必要となるなど、患者のQOLの低下等を招くことにより、社会的経済的活力と社会保障資源に多大な影響を及ぼします。

今後も急速な高齢化に伴い、患者のさらなる増加が予想されることから、糖尿病の発症予防の取組みに加え、適切な早期治療と重症化予防の強化が重要と言えます。

 



保健・医療・福祉情報トップページ