勤務医ロゴ

勤務医部会 研究活動



「新医師臨床研修制度に関する臨床研修病院アンケート調査」

制度導入時から現在までにおける研修医の状況を検証するための基礎資料を得ることを目的に、実施。

「勤務環境に関するアンケート調査」

勤務医の過重労働問題の解決策を探るべく、平成17年7月に実施。

大阪府内における感染症の臨床疫学的研究 (平成22年度より中止)

大阪府内における感染症の実態把握と地域医療の向上、プライマリ・ケアの推進に役立てることを目的に、昭和57年以来、「脳炎・髄膜炎に関する研究班」「下痢・腸炎に関する研究班」「発疹性疾患(川崎病)に関する研究班」を組織し、府内約40病院の協力の下、毎年調査を行い、その研究成果を取りまとめ、大阪府医師会医学会総会、日本公衆衛生学会などで発表してきましたが、諸般の事情により平成22年度(平成21年度分調査)より研究を中止することといたしました。研究班員の先生方、ならびにご協力いただいた関係各位に厚く御礼申し上げます。

地域医療推進に関する公募研究 (平成18・19年度)

設立当初の昭和50年に「地域医療(システム)推進のための”これからやりたい研究テーマ”を公募し、「府下における重症未熟児収容対策に関する研究」「老人ケア体系に関する研究」「地域における糖尿病患者管理に関する研究」を採択し、研究活動を行ったのを皮切りに、昭和53年度、同57年度、平成4年度と研究公募を重ねた。

第5回目の公募(平成18年3月末締切)により採択された4研究テーマに基づき、平成18年度から新たにそれぞれ検討委員会を立ち上げ研究を行った(研究テーマと応募者は次のとおり)。

  1. 「生活習慣病対策のための地域病診連携に関する研究」
    医療法人永広会 島田病院  内科医長  植田秀樹
  2. 「地域における障害者医療・リハビリテーションに関する研究」
    大阪府立身体障害者福祉センター 所長  鈴木恒彦
  3. 「府下におけるエイズ患者の診療連携に関する研究」
    国立病院機構大阪医療センター HIV/AIDS先端医療センター
    センター長  白阪琢磨
  4. 「地域発達支援ネットワーク形成のための研究」
    淀川キリスト教病院 小児科
    医務部長  船戸正久
    鍋谷まこと
 

入会のメリット入会手続き
行事予定研修会等のご案内広報活動研究活動資料
勤務医の先生へトップページ