子どもが楽しみにしている夏休み。しかし、暑さや生活の乱れから体調を崩してしまうことが多いのも夏休みです。
規則正しい生活を心掛け、心身ともに健康で有意義な夏休みを過ごすようにしましょう。

◆健康で規則正しい生活を
 夏休みは、生活が不規則になりがち。生活のリズムを乱さないように、早寝早起きの習慣を大切にし、食事は3食きちんと食べるようにしましょう。

◆夏休みを計画的に過ごそう
 夏休みの目標を決めて計画を立てて有意義に過ごすようにしましょう。また、生活の乱れを防ぐために、家族の一員としての役割を持ち、お手伝いや自分のことは自分でするという習慣をつけるのも良いでしょう。外出時には行き先、帰宅時間をはっきりさせるようにするなど、家庭内でのルールを決めることも大切です

◆夏バテの防止は?
 真夏は体力の消耗が激しいので、しっかり休養を取るようにしましょう。汗をかいたら水分補給が大切です。ただし、冷たいものの飲みすぎは食欲不振を招くので注意が必要です。暑いからといって、ずっとクーラーのきいた部屋で過ごすのはよくありません。屋外での適度な運動を心掛けましょう。また、外との温度差は5℃以内にするようにしましょう。

夏休みは生活習慣や体調を見直すいい機会です。歯、目、耳などの治療や、健康診断で指示された検査などは夏休みの間にすませましょう。

   
 

前ページに戻るトップページ