今や、3人に1人は何らかのアレルギー疾患を持っているといわれています。中でも小さな子どもに多いのが食物アレルギー。
子どもの場合、除去食などの適切な対応で自然に症状が治まることもありますが、大人の場合、生涯にわたって続くこともあります。
専門医を受診し、原因物質の特定と治療を受けるようにしましょう。

食物アレルギーを起こしやすい食品は?
 食物アレルギーは、食物に含まれる抗原に対して、免疫システムが過剰に反応することから起こります。アレルギーを引き起こす原因となる物質を「アレルゲン」といいますが、特に卵、牛乳、大豆、小麦粉、そば、などはアレルゲンになりやすい食物です。またカニやエビや果物などもアレルゲンになりやすい食品です。

◆食物アレルギーの症状は?
 食物アレルギーの症状で特に多いのは、じんましん、かゆみ、発赤、湿疹などの皮膚の症状です。
そのほか、お腹がゆるくなったり、咳や「ゼーゼーする」などの呼吸器の症状が起こります。またアナフィラキシーショックという、強いショック症状が起こる場合があります。血圧が低下したり、意識がもうろうとしたり、呼吸が苦しくなるなどの症状が出た場合は、一刻も早く医療機関を受診するようにします。

◆食物アレルギーが表れたら
 食物アレルギーは、原因となる食べ物が体内に入らなければ、症状は起こりません。まずアレルゲンをはっきりさせ、その食品を摂らないことで、アレルギー症状を起こさせないようにします。これを「除去食」と言います。自己判断せずに、必ず医療機関を受診し、検査をしてもらい、除去食の指導も受けるようにしましょう。

◆除去食の注意点は?
 必要以上に除去しない:栄養不足を起こしたり、情緒面に影響する場合もあります。
どの状態までダメかをはっきりさせる:アナフィラキシーショックを起こすなど重度の場合は、加工食品なども含めて除去する必要があります。また症状の程度によっては、加熱すれば除去する必要がない場合もあります。
 加工食品は表示をよく見て:思わぬものが含まれている場合もあります。重度の場合は、特に気をつけましょう。

代替食品を上手に利用
小麦の代わりに米やきびで作った麺など、代替食品が多く市販されています。


   
 

前ページに戻るトップページ