WHO(世界保健機関)によると、日本の医療保険制度は世界一と評価されています。なぜなら国民全員が、いつでも、どこでも安心して平等に医療が受けられる、とても優れた制度だからです。この制度が、世界一の長寿、世界トップレベルの乳幼児死亡率の実現に大きく貢献しています。

◆日本の医療の3つの特徴
1. 国民皆保険体制:すべての国民が公的な医療保険に加入している。
2. 現物給付方式:比較的安い費用で、希望する医療を受けることができる。
3. フリーアクセス:自分が選択した医療機関で自由に治療を受けることができる。

◆決して高くない日本の医療費
 WHO(世界保健機関)によると日本の医療保険制度は世界一と評価されています。しかし、国内総生産に占める医療費の割合は、他の先進諸国に比べ、決して高くありません。

◆混合診療に反対!
 混合診療とは、一つの病気に対し、保険診療と保険外診療(自費治療)を混合して行うことを言います。政府は国の支出を減らすため、混合診療を導入して保険診療部分を減らそうとしています。残りの保険外診療は患者さんが全額自己負担しなければなりませんので、貧富の差によって、受けられる医療に差が出てくることになります。しかも、保険外診療は有効性や安全性が証明されていませんので、重大な健康被害がもたらされる危険性もあるのです。
 そこで医師会をはじめとする国民医療推進協議会は 2004年秋に「混合診療に反対する署名運動」を行いました。結果、混合診療の全面解禁を阻止することができました。

◆患者さんの自己負担増に反対!
 政府は、国の財政難を理由に、患者さんの自己負担を大幅に増やそうとしています。
 そこで医師会をはじめとする国民医療推進協議会は、2005年秋に「誰もが安心して良い医療を受けられるよう国民皆保険制度を守る署名運動」を行いました。結果、1ヶ月あまりで約1,764万人もの署名をいただき、皆様の声を国会に提出することができました。

医師会はこれからも、世界に誇る日本の医療保険制度を、皆様と一緒に守っていきたいと思っています。
   
 

前ページに戻るトップページ