■厚生労働省が「健康日本21」を策定
 
厚生労働省は2000年、「すべての国民が健やかで心豊かに生活できる活力ある社会」の実現を目指して「健康日本21」を策定しました。
これは「健康寿命」を延ばすことを目的に、日本人の三大疾病であるがん・心臓病・脳卒中といった生活習慣病の発病予防や健康増進、さらには生活の質の向上 を目指し、「食生活」「運動」「たばこ」「アルコール」など9つの領域で具体的な目標を設定したものです。
※「健康寿命」とは、健康で明るく元気に生活し、実り豊かで満足できる生活、つまり認知症や寝たきりにならない状態で生活できる期間のこと。

■「健康日本21」の大阪版「健康おおさか21」を策定
 わが国は世界一の長寿を誇っていますが、一方で大阪府は生活習慣病を原因とする中高年の死亡率が高い状況にあります。このような状況のもと、府民の健康指標を改善していくため、大阪府が中心となって「健康おおさか21」を策定しました。
 本計画は、壮・中年期死亡の減少や健康寿命の延伸を目指し、府民自らが主体的に健康づくりに取り組めるよう、具体的な目標を設定したものです。


「健康おおさか21」の目指す7項目

  1. 栄養・食生活の改善:朝食欠食者の減少、食塩摂取量・脂質エネルギー比率の減少、野菜・カルシウム摂取量の増加など
  2. 運動・身体活動の習慣化:一日の歩行数・定期運動習慣者の増加など
  3. 休養・こころの健康づくり:睡眠・休養の確保、悩み・ストレスがある人の減少、自殺者数の減少など
  4. たばこ対策の推進:喫煙者の減少、喫煙が及ぼす健康影響の知識の普及、分煙・禁煙化の推進など
  5. 健康診査・事後指導の充実:基本健康診査・胃がん検診・子宮頸がん検診・大腸がん検診の推進、検診後の指導の充実など
  6. 歯の健康づくり:80歳で20本以上の歯を有する人の増加など
  7. アルコール対策の推進:多量飲酒者の減少など
府民の皆さんが健康で長生きできるよう、ご自身の生活習慣の改善目標を具体的に立てて、健康づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。

前ページに戻るトップページ