冬を中心とした寒い時期に、手や足、耳、頬などにできるしもやけ。
一般には暖かくなれば自然に治りますが、かゆみが強く、
時には痛みを伴うこともあります。予防に努め、症状を軽くしておきたいものです。

◆しもやけってどんなもの?
 寒い空気に触れると手や足、耳、頬の皮膚に赤紫色の円形の発疹ができたり、むくんでいるように腫れたりすることがあります。これがしもやけです。
 寒冷刺激で皮膚の血液の流れが悪くなったために起こる皮膚炎です。進行すると、水ほう、びらん、潰瘍などができ、重症化することもあります。温めるとかゆみを訴えることが特徴です。


◆しもやけが起こりやすいのは?

 冬を中心とした寒い時期に多く、気温でいえば5℃以下で、最高気温と最低気温の差が10℃ぐらいの場合に起こりやすいと言われています。
 年齢的には、幼稚園から小中学生に多く、また比較的女性に多く見られます。また、しもやけの体質は遺伝するといわれています。

◆しもやけの予防法
しっかり保温する:まずはしっかりと保温をすることが大切です。寒い季節には、寒気を通過させない厚手の手袋や靴下、耳あてを着用するようにしましょう。
濡れたままにしない:手袋や靴下は濡れないように気をつけ、濡れた場合には、すぐに取り替えるようにしましょう。特に靴下は、汗をかき湿気を帯びることが多く、しもやけの一因となります。また手を洗った後には、よく拭くことも大切です。
圧迫しない:きつい手袋、靴、靴下、衣服などによって、締め付けないようにしましょう。
マッサージで循環をよくする:日頃からマッサージし、血液の循環をよくしましょう。

 子どもはしもやけの出来やすい素因をもっています。周りが防寒に注意してあげることが大切です。また冷たい水に接する機会の多い人も、すぐにふき取って乾かすなどの注意が必要です。ひどい場合には、皮膚科を受診するようにしましょう。

 

前ページに戻るトップページ