休日や夜間、年末年始などに、もしも急病になって「かかりつけ医」と連絡がとれなかった場合には、近くの「急病診療所」を利用しましょう。

●急病診療所とは
 休日や夜間、年末年始の間だけ診療を行っている診療所のこと。大阪府下には主に内科や小児科を中心に、約40件の急病診療所があり、大阪府医師会の会員の医師が交代で診療に当たっています。

●場所や診療時間を確認しておきましょう
 急病診療所の案内は、大阪府医師会のホームページや地域の広報誌などに掲載されていますし、医療機関の掲示板に貼られている所もあります。もしもの時のために、近くの急病診療所の場所や診療時間、診療科目などを、あらかじめ確認しておきましょう。急病診療所は、他府県や他の市町村に住んでいる方でも受診できます。

●出かける前に確認を
 診療時間や診療科目は、急病診療所の都合で変更される場合がありますので、事前に電話で確認するとよいでしょう。

●交通事故などの外科的な処置が必要な場合は
 救急病院が対応することになっていますので、落ちついて119番(局番なし)にお問い合わせください。
 <救急車の呼び方>
 1. 救急車が必要であることを伝える
 2. 救急車に来てもらう場所を伝える
 3. 患者の状態を伝える
 4. 自分の名前と電話番号を伝える
 5. 応急手当の指示を聞く

 携帯電話でかける場合は、最初に携帯電話であることを告げて、電波が途切れないよう、安全な場所で立ち止まって話をしてください。
 また通報後も、消防から問い合わせをする場合がありますので、電源を切らないようにしましょう。
 119番では、救急車の出動要請だけでなく、管轄区域の診療可能な医療機関を教えてもらうこともできます。

大阪府内の急病診療所の所在地や診療時間、診療科目などは、大阪府医師会のホームページの「大阪府内の休日・夜間急病診療ガイド」をご参照ください。
 

前ページに戻るトップページ