閉経を挟んだ前後約10年間を更年期と呼びます。個人差がありますが、
年齢的には45歳ごろから55歳ごろにあたります。
この時期は、ホルモンのバランスが急激に乱れることから、心身にさまざまな症状が現れるようになります。

 

 

 「更年期障害はつらいのが当たり前」と我慢せずに、気軽に産婦人科を訪れましょう。
 早めの受診は、更年期前後に起こりやすい子宮ガンや骨粗鬆症、高血圧などの早期発見・予防にもつながります。
 医師とよく相談して、健やかな更年期を過ごしましょう。

●更年期に現れるさまざまな症状
 手足の冷え/発汗/動悸/ホットフラッシュ/頭痛/不眠/憂うつ/イライラ/不安感/立ちくらみ/めまい/耳鳴り/皮膚の衰え/肩こり/手足の関節痛/腰痛
●更年期のサイン
 「ほてりや手足の冷え」や「頭痛や不眠、憂うつ感」を感じたら、それは更年期のサインです。
 更年期には、主に自律神経失調症状や精神神経症状などが現れることがあります。

・自律神経失調症状:
内臓の機能を調節する自律神経の調節が乱れて起こる様々な症状で、手足の冷えやしびれ、動悸などがあります。また、頭痛がおこり、徐々に首から胸、背中が非常に熱く感じられ、ドッと汗をかくホットフラッシュも、自律神経失調症状の代表的なものです。
・精神神経症状:
頭痛、頭が重い、憂うつ感、不眠、イライラ、めまい、耳鳴りなどがあります。これらはホルモン分泌のアンバランスだけでなく、家庭での不安や環境の変化などのストレスが引き金となって起こる場合が多くあります。
 

前ページに戻るトップページ